Home » 開催方法の変更

開催方法の変更

アナウンス
IIAE2021実行委員会は、会議参加者と地元の人々の安全を優先するため、現在の新型コロナウイルス感染の状況を慎重に評価し、産業応用工学会全国大会2021を全面オンライン会議に変更することを決定しました。
会議の日程は変わらず、2021年9月9日です。予稿集は計画通り出版されます。
プログラムは、ビデオ会議システムZOOMを使用してオンラインで開催されますので、詳しくは、プログラムの日程をご確認ください。
このような予期せぬ事態が発生したことについて、深くお詫び申し上げます。
IIAE2021実行委員会は、オンライン学会を可能な限り成功させるために最善を尽くします。
末尾ながら、委員会一同は皆様の産業応用工学会全国大会2021へのご支援とご参加に感謝いたします。

主な変更
現地口頭発表セッションはオンライン口頭発表セッションに変更。
現地口頭発表セッション参加者はZOOM会議システムによる発表になるため、パソコンの用意やZOOMソフトのインストールが必要です。
もしオンライン接続環境が発表に支障があると判断された場合、事前にビデオを用意することも可能です。
その場合、議長がビデオを再生し、発表者は質問に答えるために可能な限りオンライン会場に出席する必要があります。

Q&Aのルール:
1.プレゼンテーションが終了する前に、ズームパブリックテキストチャット機能を使用して質問してください。
2.議長は、代わりに質問を読みます。
3.発表者は、発表時間内に口頭で質問に答える必要があります。
4.質問者とプレゼンターは、プレゼンテーション時間の後、セッション時間内に、個別のテキストチャットを介してさらに話し合うことができます。